「テキサス親父」米市議会で証言 慰安婦像を批判

印刷

   「テキサス親父」として知られる米国人男性、トニー・マラーノさんが2014年10月21日、米カリフォルニア州グレンデール市の市議会で、現地に設置されている慰安婦像について発言した。22日に産経新聞電子版が報じた。

   マラーノさんは、韓国系団体の要請により設置された慰安婦像は「日本人を侮辱している」と非難したという。

   市議会では、市民以外でも発言できるパブリックコメントの機会を設けており、マラーノさんはこれを利用して主張を述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中