「クリーム」ジャック・ブルースさんが死去

印刷

   イギリスの伝説的バンド「クリーム」のボーカル、ベースを担当したジャック・ブルースさんが2014年10月25日、亡くなった。71歳だった。肝臓に疾患があったという。

   1962年ごろからロンドンで音楽活動を開始し、66年にエリック・クラプトンさん、ジンジャー・ベイカーさんと「クリーム」を結成。リードボーカルやベースなどを務め、数多くの作曲を手がけた。約2年間の活動中、世界で3500万枚のアルバムを売り上げ、多くのミュージシャンに影響を与えた。クリーム解散後はソロを中心に活動を続け、14年3月にアルバムを発表していた。

   クラプトンさんは自身のフェイスブックに「彼は偉大なミュージシャンで作曲家だった。私にとって、とてつもなく大きなインスピレーションだった」とコメントした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中