ツイッター赤字拡大 閲覧数減でユーザー数も伸び悩み

印刷

   米ツイッターが現地時間2014年10月27日に発表した7~9月期決算では、売上高が四半期ベースで過去最高を更新した半面、1億7546億ドル(約189億円)の純損失を計上した。前年同期比で赤字幅が拡大となった。

   ロイター通信によると、ユーザーのタイムライン閲覧件数が減少し、月間のアクティブユーザー数も伸び悩んだという。ロイターは、「ユーザー数の伸びはわれわれが想定したよりも速いペースで減速し始めている」というアナリストのコメントを引用している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中