2019年 8月 17日 (土)

祖母と母親殺した女子生徒に1万人署名 「虐待受けた彼女も被害者」と同情の声広がる

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   北海道南幌町の自宅で祖母と母親を殺した容疑で逮捕された高校2年生の女子生徒について、2014年11月4日、同級生やその保護者が非公開の家庭裁判所での審理を求める嘆願書を札幌地検に提出した。

   提出された署名は1万人分を超えた。事件の経緯から、「被害者はこの子のほうだ」として、女子生徒に対する同情の声が広がっている。

南幌町の人口を上回る署名が集まった

「change.org」で署名が呼びかけられている
「change.org」で署名が呼びかけられている

   彼女への嘆願書が提出されたのは、祖母と母親から虐待を受けていた可能性があるためだ。逮捕後、彼女自身「しつけが厳しく、今の状況から逃れたかった」と供述しているという。

   新聞各紙や週刊誌など、これまでの報道をまとめると、彼女は1人で敷地内の離れで生活していた。庭の草むしりをさせられたり、冬場は早朝に雪かきをさせられたりするなど、家事のほとんどを押し付けられていたようだ。また、祖母から「役立たず」と罵倒されたり、杖で叩かれたりする様子を近所の人が目撃している。「奴隷のようだった」という証言もあり、幼稚園児だった2004年には児童相談所に通報されている。

   嘆願書を提出したのは、同級生の保護者が代表を務める「将来ある少女に適切な裁判を望む地域住民の会」だ。提出後、代表は報道陣に「彼女はしつけの域を超えた虐待を受けた可能性がある。刑事裁判ではなく、家庭裁判所で審理してほしい」と話したという。

   同会は10月10日から町内を中心に街頭で署名活動を開始。札幌地検にはネット署名800人分を含む、1万534人分の署名を提出した。同町の人口は8000人ほどであることを考えると、その数の多さが分かる。現在も署名活動を続け、札幌家裁に同様の嘆願書を提出する予定だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中