2018年 8月 16日 (木)

エボラ疑いのギニア人女性も「陰性」

印刷

   厚生労働省は2014年11月8日、エボラ出血熱の疑いがあるとされた20代のギニア人女性について、陰性の診断結果が出たと発表した。

   女性は7日夕方、ドバイ発のエミレーツ航空EK316便で、関西国際空港に到着。検疫所で発熱が確認され、エボラ出血熱の疑いがあるとして、りんくう総合医療センター(大阪府泉佐野市)に搬送された。簡易検査で熱帯熱マラリアの陽性反応が出ていたが、国立感染症研究所村山庁舎(東京都武蔵村山市)で血液検査を行っていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中