2019年 3月 27日 (水)

佐渡市で爆発音と振動の通報相次ぐ 原因不明、「謎の怪奇現象」なのか

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   新潟県佐渡市で2014年11月7日、ドンという大きな音がして建物が揺れた、といった通報が相次いだ。しかし、地震などはなく、市の消防本部や警察がパトロールしても事故や事件につながるようなものは発見できなかった。

   こうした原因不明の爆音と揺れは日本中で報告されている。キーワードとしていつも登場するのは戦闘機が飛行中に出すソニックブームと呼ばれる衝撃波なのだが、佐渡市のケースでも「音が出るような航空はしていない」と自衛隊は話している。これは「怪奇現象」なのか。

自衛隊のレーダーにも原因となるものは映っていない

一体なんだったのか...(画像はイメージ)
一体なんだったのか...(画像はイメージ)

   市の防災危機管理室と消防本部の話によれば、爆発音のような大きな音がして建物が揺れた、との通報があったのは午後4時前で、市役所に20件、消防本部に5件寄せられた。さっそく市内のパトロールを行い人や建物への被害が無いことは分かったが、原因も確認できなかった。新潟地方気象台に問い合わせてみても地震や火山噴火などは観測していないという答えだった。自衛隊のレーダーがある佐渡分屯基地にも聞いたが、衝撃音や揺れにつながるような航空はしていないし、レーダーにも原因となるようなものは映っていなかった、との返事が返ってきたという。

   防災危機管理室の担当者は、

「今回のような爆音と揺れに関する通報で騒ぎになったのは初めてだと記憶しています。真野湾あたりから通報が多く、佐渡全体で起こった事ではないようです。ちなみに私は音も揺れも気が付かなかった」

と話している。

   実はこうした「怪奇現象」、日本中で報告されている。12年5月3日付の南日本新聞によれば、5月1日夜に鹿児島県霧島市隼人などの市民から20件以上もの「爆発音や大きな揺れを数回感じた」という情報が霧島署や市の消防局に寄せられた。調べたところ爆発事案は確認されず、桜島や新燃岳の噴火もなかった。小規模地震は発生していたが震度1以上の観測はなかった、という。13年3月23日付けの 山形新聞でも金山町で3月21日の夕方に、衝突音のような大きな音が聞こえたとの通報が警察や町役場に多数寄せられた、と書いている。何が原因はわからず謎は深まるばかりだという。一体原因は何なのか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中