2020年 8月 6日 (木)

女性侮蔑の「ナンパ講師」、近く来日予定 入管に「入国拒否」求めて3万4000人がネット署名

毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   米国人男性が世界中で開いている有料「ナンパ講座」の内容に「女性を虐待している」なとど批判が集中している。オーストラリアでは男性のビザ取り消しを求める署名活動がネット上で活発化した結果、講座が予定されていたホテルが会場提供を断ったうえ、入管当局が実際にビザを取り消した。

   この男性は2014年11月中旬にも来日して講座を開くとみられている。過去に男性が開いた講座の動画では、日本人女性に対して侮蔑的な発言も多く、ネット上では入国を許可しないように求める署名が3日間で3万件以上も集まった。署名の呼びかけ人は2014年11月10日、署名をプリントアウトして入管に提出した。

「東京なら、白人の男ならどんなやり方でも大丈夫」

ユーチューブで日本語字幕つきで公開されている画像。地中央の男性が「日本人や女性に対して侮蔑的だ」といった批判が相次いでいる
ユーチューブで日本語字幕つきで公開されている画像。地中央の男性が「日本人や女性に対して侮蔑的だ」といった批判が相次いでいる

   この男性は、「女性を魅了する技術を男性に提供する」ことをうたう団体に所属しており、世界各地で講座を行っていた。講座の動画が9月上旬にユーチューブに公開され、9月17日には第三者が日本語の字幕をつけた動画を公開。その内容のひどさに、ネット上で批判が集まった。特に、女性の首を絞めた上で頭部を自分の股間に近づける手口が「女性蔑視で虐待的」であることに加えてマインドコントロールの側面もあるとして批判が高まっていた。

   日本については、講座の中で、

「東京なら、白人の男ならどんなやり方でも大丈夫」
「(知人の白人男性が、日本人女性を)グッと引っ張ったけど、笑うだけ。ピカチュウとかポケモンとかたまごっちとか言ってりゃ大丈夫。街で女の頭をつかんで、股間に当てまくった」

などと自慢話を展開。動画の中には、日本の繁華街で女性に抱きついたり、コンビニ店員の女性がレジを打っている途中にもかかわらず、無理やり首にキスするシーンなどが収めされている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中