2018年 11月 19日 (月)

安倍首相、「12月総選挙」決断へ

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   安倍晋三首相は衆院を近く解散し、2014年12月中の総選挙を決断した模様だ。11月12日の各紙が1面トップで見通しを伝えている。安倍首相は外国訪問から帰国する11月17日にも公明党の山口那津男代表と会談し、対応を協議する。自民、公明はすでに選挙に向けた準備を加速させている。

   2012年12月の民主・自民・公明による社会保障と税の一体改革に関する3党合意では消費税率を14年4月1日から8%、15年10月1日から10%とすることを定めている。引き上げの判断の前提となる7~9月の国内総生産(GDP)速報値(11月17日公表)が悪いとみられているため、1年半程度増税先送りを求める声が高まるのは必至だ。

「12月2日公示-14日投開票」「12月9日公示-21日投開票」か

   3党合意の転換には法改正が必要で、1年半先送りすると現在の衆院議員の任期を超えるため、「解散で信を問う」ことにしたという見方が有力だ。

   衆院選の時期については「12月2日公示-14日投開票」「12月9日公示-21日投開票」の2つの日程が取りざたされており、重要法案の成立を優先させた場合は後者の日程が有力だ。

   安倍首相は11月11日に北京で開いた会見で、

「解散のタイミングについては、私は何ら決めていない。国内では憶測に基づく報道があると聞いている。それらに答えることはしないが、私自身解散について言及したことはご承知のように一度もない」

と、表面上は解散を否定している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中