2019年 1月 22日 (火)

在特会桜井会長が会長退任して退会 若者支援して「史上最強のネトウヨ」目指す

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   デモや街宣活動で展開する主張が「ヘイトスピーチ」だと批判を受け、大阪市の橋下徹市長と怒鳴りあいをした「在日特権を許さない市民の会(在特会)」の桜井誠会長が、2014年11月末の任期満了で退任し、在特会からも退会することを明らかにした。

   今後は活動を「一個人としてやっていく」といい、政治家志望の若手の支援に軸足を移す考え。桜井氏は「政治家になることには全く興味はない」と話すが、技術面を充実させて「『史上最強のネトウヨ』を目指す」と息巻いている。

「組織のトップが変わらないということは、新陳代謝がない組織」

桜井氏率いる在特会の街宣活動には「ヘイトスピーチ」だとの批判も相次いだ
桜井氏率いる在特会の街宣活動には「ヘイトスピーチ」だとの批判も相次いだ

   桜井氏は4期8年にわたって会長を務めたが、14年11月11日に配信した「ニコニコ生放送」の番組で、11月16日に開票予定の次期会長選挙に出馬せず、11月末の任期満了で会長を退任する考えを明らかにした。唯一、立候補している八木康洋副会長が後任の会長に就任する見通し。

   動画での桜井氏は、橋下徹市長と怒鳴りあいをした時とは正反対の穏やかな口調で、時折笑顔を見せながら、

「組織のトップが変わらないということは、新陳代謝がない組織で、いずれは落ちていくだけ」

などと退任の理由を語った。桜井氏は12年の会長選でも八木氏に立候補を打診したが、八木氏は即座に固辞。今回の会長選で初めて立候補を受け入れたという。

   桜井氏は「私の名前が残っていたら(後任が)本当にやりにくいと思う。どう考えてもやりにくい」として、在特会自体も退会する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中