2021年 7月 29日 (木)

スカートは「寒い」「目線が気になる」 男女制服交換で男子が感じたこと

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   男女の性差について見つめ直してみようと、山梨県富士吉田市の県立富士北陵高校が男女で制服交換して授業を行ったことが報じられ、論議になっている。

   男子生徒は、スカートをはき、脇を持って広げてみたりする。女子生徒は、だぶだぶのズボンをはいたりしていた。

女子からは、「ズボンは楽」「スタイルがいい」

   富士北陵高校が2014年11月11日に行った制服交換の学校行事は、日テレなど全国ネットのテレビでも報じられた。

   この行事は、「セクスチェンジ・デー」と名付けられ、建築デザインを学ぶ2、3年生が発案したそうだ。報道などによると、事前のアンケートで希望を募り、全校の4割に当たる299人が参加した。内訳は、男子117人、女子182人で、交換できない生徒は、OBから寄付を受けるなどして行った模様だ。

   生徒らは、ジャージ姿で登校した後、体育館でサイズの合う異性の制服に着替え、授業を受けるなどした。報道では、女子からは、「ズボンは楽」「スタイルがいい」との声が出た一方、男子からは、「スカートは寒い」「目線が気になる」と戸惑いもあった。

   ツイッターを見ると、制服交換については、学校の違う女子生徒同士や恋人関係にある男女らの間では、ある程度行われている。しかし、恋人でもない男女の間で、それも大人数で行われるのは異例のことのようだ。

   このニュースに対し、ネット上では、賛否が分かれている。

   趣旨に共感する声としては、「互いの見えない部分に気付かせる良さがある」「素晴らしい試み」「生徒が自分たちで考えて実現までさせたのがすごい」といった書き込みがあった。一方で、「あの人の制服なんて着たくない!的なことが起きてそう」「女装に目覚める男子が居たらどうすんだ」「これはあかんやろ」などと懸念する声も相次いでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中