2018年 6月 21日 (木)

大手企業の冬ボーナスが5.78%増の89万3538円

印刷

   日本経済団体連合会は2014年11月13日に大手企業の14年年末賞与・一時金妥結状況を発表した。それによれば13年と比べ平均で5.78%増の89万3538円となった。前年比5%を超えたのは2年連続。

   業種別ではセメントが前年比14.82%増、化学が同8.06%増、電気が同7.18%増、自動車が同6.65%増と高い伸びを示した。今回の調査対象は従業員が500人以上の東証一部上場企業、10業種76社。10業種すべてが前年を上回った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中