2021年 6月 14日 (月)

南海本線で「列車にはねられた人が忽然と消えた」 まるでマンガの1シーンのようなデマが拡散し大騒ぎに

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   列車にはねられた人間の姿が忽然と消える、まるであの有名マンガの1シーンの様な出来事が相次いで起きたとして大騒動になった。

   もちろん俄かには信じられないことなのだが、2014年11月16日に南海本線の泉大津駅構内で発生した「人身事故」はツイッターなどでデマが拡散し、幽霊騒動にまで発展した。南海電鉄は今回の「事故」について悪質な迷惑行為は許せないが、「テレビのニュースで取り上げられるなど、ここまで大げさな事態になるとは」と頭を抱えている。

「窓も割れてないし血もついてない リアルガチのGANTZやん」

また、「デマ」だった(画像はイメージ)
また、「デマ」だった(画像はイメージ)

   泉大津駅での騒動は、ホームに到着する直前に乗車中の電車が止まった、というツイッターでの報告が始まりだった。止まった理由は誰かがホームから線路に飛び込んだためであり、飛び込んだ様子を駅にいたたくさんの人が目撃している、という内容だった。それを裏付けるように、ヤフーニュースなどに「泉大津駅構内で発生した人身事故の影響でダイヤが乱れています」といった報道が出た。そして事態は次のツイートで大きく変化する。

「飛び込んだ人消えたらしい」
「運転手が『人が、人が消えた』言ってる やばい、平成の神隠しや」
「女の人が奇声あげながら飛び込んだのに 窓も割れてないし血もついてないんやって リアルガチのGANTZやん」

   この「GANTZ」という実写映画化もされた大人気マンガには、地下鉄のホームに降りた主人公が電車に轢かれた姿が忽然と消えるというシーンがある。そして警察が来て捜査しても見つからなかった、というのだ。事故現場と思われる写真もツイッターにアップされたのだが、今回の事故で人を轢いたとされる電車も写っていて、その窓にたくさんの人の顔が浮かび上がっている、などと「幽霊」騒ぎにも発展した。こうしたツイートによって憶測が憶測を呼びありもしないデマが拡散していった。

   ツイッターをきっかけにデマが生まれたのは確かなのだが、実は、問題となったツイートは意図的に嘘をついたとは考えにくいもので、時系列がバラバラのツイートを読んだ人が勝手にそのツイートを繋ぎ合わせストーリーを作ってしまった、ということらしい。電車の窓に浮き上がったという人の顔も、ホームにいた客の顔が反射したものだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中