2019年 12月 14日 (土)

GDPマイナス! やっぱり景気は後退していた! 経済専門家は気づいていたのか、それとも...

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「やっぱり」...... 内閣府が発表した2014年7~9月期の国内総生産(GDP)速報値が、消費増税後の2四半期連続でマイナス成長だったことに、そう思った人は少なくなかったはずだ。

   2014年4月の消費税率の引き上げ後、政府や経済評論家、エコノミストらは「国内景気は夏以降に回復する」と言い続けていたが、結局は消費者の「肌感覚」のほうが正しかったのかもしれない。

消費、住宅、設備投資も伸びず 景気低迷、鮮明に...

日本の景気は下降線をたどっているのか?
日本の景気は下降線をたどっているのか?

   内閣府が2014年11月17日に発表した7~9月期のGDP速報値(季節調整済み)は、物価変動の影響を除いた実質ベースが4~6月期に比べて0.4%減、このペースが1年間続くと仮定した場合の年率換算では1.6%減だった。

   GDPの約6割を占める個人消費は0.4%増と落ち込みは脱したものの、勢いは弱い。7~8月の台風や大雨の影響もあったが、消費増税前の駆け込み需要の反動減が長期化していることに加えて、アベノミクスによる円安進行で物価が上昇。これに賃金上昇が追いつかず、家計の重しとなったことが大きい。

   企業の設備投資もプラス予想に反して、0.2%減と2期連続で落ち込んだ。景気の停滞で企業が投資計画を先送りしたとみられる。住宅投資も2期連続で落ち込んでいる。

   外需は0.1%増とわずかながらプラスに寄与。ただ、輸出入ともに勢いは鈍い。政府は円安で輸出が増加する効果を期待したが、企業が生産拠点を海外にシフトしたことなどで、想定外に輸出の伸びが弱かった。

   足を引っ張ったのは在庫投資で、7~9月期は0.6%減となった。第一生命経済研究所経済調査部のエコノミスト、藤代宏一氏は「4~6月期は景気落ち込みで在庫が積み上がり1.2%増となっていましたが、7~9月期は需要の鈍化を反映して在庫調整したことが影響。企業が在庫を絞ったことで、在庫投資が大幅にマイナスになりました」と説明する。

   いずれにしても、景気低迷が鮮明になったことは間違いない。「マイナス」がいくつも並び、藤代氏は「やや失望的な結果です」というが、「(GDP)速報値が(予想と)大きくぶれることはよくあること。今回は在庫投資が不透明なことがありました」と、さほど悲観していない。

   先行きの見通しを「大きく変えることもない」といい、「10~12月期の消費は、7~9月期に買い控えた分の押し上げが見込めますし、株高とガソリン安、それに消費税率の再引き上げの先送りから、消費マインドが改善します」とみている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中