2021年 6月 25日 (金)

走行中の地下鉄窓ガラスが割れる 原因は「乗客詰め込み過ぎ」の真偽

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   東京メトロ東西線を走行中の地下鉄の窓ガラスが割れた。インターネット上にはガムテープで応急処置する生々しい画像が出回って、衝撃を与えている。

   中野(東京都中野区)と西船橋(千葉県船橋市)の両駅を結び、ピーク時の乗車率は199%。出勤ラッシュ時に限らず常に混雑する車内だけに、ネット上には「詰め込み過ぎて窓割れた」といううわさがまことしやかに流れている。はたしてそんなことはあるのだろうか。

「駅員さんがガムテープ貼ってた」

ツイッターに投稿された現場の画像
ツイッターに投稿された現場の画像

   ツイッターなどの情報をまとめると、窓ガラスが割れたのは2014年11月18日夜。東西線中野方面行きの電車で起きたことのようだ。現場に居合わせた人からは「東西線の電車の窓ガラスが割れてる 駅員さんがガムテープ貼ってた」といった報告が上がり、ガムテープを貼って応急処置をしている画像も投稿された。

   また、帰宅時間と重なったことから「満員過ぎて窓ガラス割れる東西線」「東西線が人の詰め込みすぎでドアぶっ壊れ...」というツイートも複数ある。窓ガラスが割れた原因が混雑、乗客の詰め込み過ぎだというのだ。

   東西線は日本橋や大手町などのオフィス街、早稲田などの大学に向かう乗客を輸送する東京の大動脈の1つ。朝の出勤時には乗車率199%を記録する、国内有数の混雑路線だ。とはいえ、混雑くらいで窓ガラスが割れるようなことはあるのだろうか。

   J-CASTニュースの取材に対し、東京メトロ広報は「それは全くない」と否定した。原因については「おそらく点検後に小さなキズができて、何かがぶつかったり、列車の振動のせいだったりして割れてしまったのではないでしょうか」と話した。時間帯からも朝の通勤時ほどは混雑していないため、乗客が多すぎて割れることは考えられないという。

   割れが判明した後は、駅員や乗務員がガムテープで応急処置をして運行再開、終点で乗客を降ろした後に車両を入れ替えた。遅れは数分から10分強だったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中