2018年 6月 26日 (火)

横審、白鵬ダメ押しに「態度が悪い」の声

印刷

   日本相撲協会の横綱審議委員会は2014年11月24日に都内で定例会合を開いた。九州場所で大鵬に並ぶ32回目の優勝を果たした横綱・白鵬について、内山斉委員長(読売新聞グループ本社顧問)は「ダントツで強さを見せた。まだまだ記録を伸ばしていくと思う」と称賛した。

   ダメ押しや懸賞金の受け取り方については「委員から『態度が悪い』と批判が出た」とする一方、「横綱自身が考えること。本人の品性の問題だ」と述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中