2018年 7月 18日 (水)

札幌市が2026年冬季オリンピック開催に名乗り

印刷

   札幌市は2026年開催の冬季オリンピック・パラリンピックの招致をめざす。2014年11月27日に開会した札幌市議会で上田文雄市長が決意表明した。実現すれば札幌市では1972年以来の2度目、98年の長野を含めると日本では3度目の開催となる。

   開催が決まれば老朽化したインフラを再構築し、前回大会で使用した施設の建て替えなどをする計画。開会式の会場は札幌ドームとするほか、札幌近郊の都市に競技の一部を開催してもらえるよう協力を呼びかける。26年の冬季オリンピック開催には札幌のほか、スペインのバルセロナ、カナダのケベック・シティーなど複数の都市が名乗りを上げている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中