レジェンド42歳葛西紀明、W杯ジャンプで最年長優勝

印刷

   スキージャンプの葛西紀明選手(42)が2014年11月29日、フィンランド・ルカで行われたワールドカップ(W杯)個人第3戦で、スイスのシモン・アマンと同点での優勝を果たし、W杯通算17勝目を挙げるとともに、自身の持つ史上最年長優勝記録を「42歳5か月」に更新した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中