2018年 10月 16日 (火)

「パズドラ」中国へ 日経が報じる

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ガンホー・オンライン・エンターテイメントは2015年半ばをメドに、人気のスマートフォンゲーム「パズル&ドラゴンズ」(パズドラ)の配信を、中国で始める。2014年12月7日付朝刊の日本経済新聞が報じた。中国のインターネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)と提携して進出する。

   パズドラは2012年2月に日本で配信を開始。日本最大のスマホゲームで、累計3000万人を超える利用者を集めるという。

   画面上に並んだ6種類の「ドロップ」を指で操作し、同じドロップを3つ以上つなげて消すゲームで、基本となる遊び方はそのままにして現地のゲーム文化に対応。登場するキャラクターのデザイン、物語の進行などを中国人の好みにあった内容に切り替える。

   テンセントは中国で無料対話アプリ「微信」(ウィーチャット)を配信する。収益源はオンラインゲームで、7~9月期は全体売上高の6割近い約113億元(2200億円)にのぼる。

ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...