「替え歌」は違法なのか? 「会いたい」の沢田知可子と作詞家が裁判沙汰 

印刷

   90年代のヒット曲「会いたい」の歌詞をめぐり、作詞家の沢ちひろさんから著作者人格権を侵害したと提訴され、慰謝料を請求された歌手の沢田知可子さんが、2014年12月8日、ブログに「訴状が届いていないので正確なお答えが出来ませんが、報道を観て大変ショックを受けております」と書いた。

   沢さんが提訴に踏みきったきっかけは、沢田さんがバラエティー番組で「会いたい」を「安定したい」と替え歌にしたことだという。はたして替え歌に違法性はあるのだろうか。

「歌手は一銭ももらえない 泣きたい」と替え歌に

13年9月のバラエティー番組で替え歌を披露
13年9月のバラエティー番組で替え歌を披露

   1990年に発売された「会いたい」は130万枚を売り上げた沢田さんの代表曲。87週にわたってオリコンシングルランキングで100位以内に入るロングセラーとなり、91年の日本有線放送大賞グランプリを獲得、沢田さんにとっては紅白歌合戦の初出場につながった。

   この曲をめぐって2人の関係がこじれたのは、13年9月に放送されたバラエティー番組で沢田さんが替え歌を披露したことが発端だ。12月8日放送の「モーニングバード!」(テレビ朝日系)によると、替え歌の歌詞は

「曲が売れた収入で 目黒のマンション手に入れ すぐにバブルがはじけた(もとの歌詞:ビルが見える教室で ふたりは机並べて 同じ月日を過ごした)」
「カラオケみんなが歌って いっぱいお金入るって全くウソじゃない 歌手は一銭ももらえない 泣きたい(今年も海へ行くって いっぱい映画も観るって約束したじゃない あなた約束したじゃない 会いたい)」

などと、ヒット曲を続けて出さないと安定した生活ができない、という内容だ。

   週刊現代(12月20日号)によると、沢さんは「あの詞は私が幼い頃に死に別れた母との思い出をベースにしたもの」だと語る。「モーニングバード!」でも「沢田さんにとって大事な歌なら替え歌なんて歌えない」「もう『会いたい』を歌わないで欲しい」とし、替え歌によって精神的苦痛を受けたとして慰謝料200万円を請求している。

   また、沢田さんが14年7月に発売したアルバムの中には、ボーカルグループとコラボし、曲の冒頭に英語のコーラスが入った「会いたい with INSPi」が収録されている。これに対しても沢さんは、タイトルと歌詞を無断で一部改変したとして、11月末に沢田さんの所属事務所代表で夫の小野澤篤さんとCDの販売元を著作者人格権侵害で提訴したという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中