2019年 8月 19日 (月)

「支持政党なし」という名の政党が登場 比例北海道から出馬、特徴は「政策なし」

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   世論調査の支持政党を聞く項目で、最も割合が多くなることがある回答が「支持政党なし」だ。今回の衆院選(2014年12月2日公示、14日投開票)では、この現象を逆手にとった政党が出現し、話題を呼んでいる。

   その名も「支持政党なし」。肝心な公約についても「党としての政策なし」と訴えている異色の政党だ。

法案ごとの賛否をウェブで募り、議場での投票行動を決める

政治団体「支持政党なし」のウェブサイト。比例北海道ブロックに候補者2人を擁立している
政治団体「支持政党なし」のウェブサイト。比例北海道ブロックに候補者2人を擁立している

   ここ数日で話題が広がっているのは、政党「支持政党なし」。総務省のウェブサイトによると、比例北海道ブロック(定数8)に届け出ており、略称は「支持なし」。佐野秀光代表ら2人を比例名簿に載せている。定数が8の北海道では候補者を2人擁立すれば比例代表で立候補できるため、北海道からの出馬を決めたという。

   選挙戦中盤の12月6日になってツイッターのアカウントが開設され、選挙カーの上から街頭演説する写真などが掲載されている。ツイートが拡散したため、ここ数日で急に知名度が上がったようだ。

   奇抜な名称はもちろん、「政策なし」というのも大きな特徴だ。党のウェブサイトによると、サイト上で法案ごとの賛否を募り、その賛否の多さによって議場での投票行動を決めるという。選挙公報では、この過程を、

「皆様の使者として議決権を行使しに行くだけ!」

と説明している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中