「つらかったことは数限りなくある」 海江田代表、辞任を表明

印刷

   民主党の海江田万里代表は2014年12月15日、党本部で会見し、党代表の辞任を正式に表明した。

   辞任を決断したのは「私が議席を失うことが確定した時点」という。集団的自衛権の行使容認や憲法改正など自民党が推し進める政策に疑問を呈し続けた海江田氏だが、「こうした論戦に私自身が加わることができないのは残念至極」と悔しさをにじませた。一方、「つらかったことは数限りなくあるが、民主党の仲間は好きだ」とも語っている。

   同党はこれを受け、代表選の日程の具体的な調整に入った。来年春の統一地方選に向けた体制の立て直しが急務となる。

   海江田氏は14日投開票の衆院選東京1区で敗れ、重複立候補した比例代表東京ブロックでの復活もかなわなかった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中