アギーレ監督ついに告発

印刷

   サッカー日本代表のハビエル・アギーレ監督は2014年12月15日、スペインリーグ監督時代に、八百長に関わった疑いがあるとして現地検察から告発された。

   疑惑がかけられているのは11年5月に行われたリーグ戦。アギーレ氏が監督を務めたサラゴサは勝利し、残留を決めた。検察は試合前に当時のサラゴサ会長からアギーレ氏や選手の口座に入金があり、それをクラブが回収し、相手チームの選手らに買収資金として支払われたとしている。アギーレ氏とともに選手ら40人以上も告発されている。

   この日アギーレ氏は、15年1月に開催されるアジアカップのメンバー発表会見で「競技の面だけに集中したい」と話したが、検察から出頭を求められる可能性もある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中