2019年 7月 22日 (月)

「正恩暗殺映画」、テロ予告でお蔵入り ソニーは「北朝鮮」に屈服したのか

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   ソニー傘下の映画会社が、北朝鮮の金正恩第1書記の暗殺をテーマにしたコメディー映画を事実上「お蔵入り」させることになった。大規模なサイバー攻撃で内部の重要情報が流出した上、犯人を名乗る者から「2001年9月11日を想起せよ」などとテロ攻撃を示唆する声明が発表されたことが響いた。

   サイバー攻撃の犯人と北朝鮮当局とのつながりは現時点では明らかではないが、北朝鮮当局も映画会社を強く非難しており、結果としてソニーが北朝鮮側の脅しに屈したとの見方もできそうだ。

サイバー攻撃の犯人は「平和の守護者」名乗る集団

映画の予告編は300万回以上再生されている
映画の予告編は300万回以上再生されている

   問題となっている映画は、ソニー傘下の映画会社ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント(SPE)が制作した「ザ・インタビュー」。SPEは2014年12月17日(米東部時間)、12月25日に予定されていた全米公開を見合わせると発表した。今後も上映される予定はないといい、事実上の「お蔵入り」だ。

   SPEは11月24日に大規模なサイバー攻撃を受け、社内のPCに「Hacked By #GOP(GOPが乗っ取った)」という文字が表示された。このGOPとは「平和の守護者(guardian of peace)」と称するハッカー集団だとみられている。サイバー攻撃では、未公開映画に加えて社員の給与、社内メールなど重要情報が流出し、SPEは大打撃を受けていた。

   これに加え、12月16日にはGOPを名乗る集団が犯行予告をソースコード投稿サイトに投稿。直後に、先行上映(プレミア)を12月18日に予定していたニューヨークの映画館が上映中止を決定。SPEは上映中止の判断は映画館に任せていたが、大規模映画館チェーンが相次いで上映中止を決めたことから、公開見合わせに追い込まれた。

   このように、公開見合わせの直接の引き金になったのが、この「犯行予告」。「警告」と題して投稿され、01年9月の同時多発テロに言及しながら、サイバーテロにとどまらず、物理的なテロ行為を行うことを予告している。

「『ザ・インタビュー』が先行上映を含めて上映されるまさにその時と場所に、テロに楽しみを求める者がいかに悲惨な運命をたどるべきか、我々は明確に示す。ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントがいかに恐ろしい映画を作ったのか、近く全世界が知ることになる。世界は恐怖で満たされるだろう。2001年9月11日を想起せよ。上映場所から離れた方がいい。自宅が映画館から近ければ外出した方がいい。ここ数日で起こる事柄は、すべてソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントの強欲が招いたものだ。全世界がソニーを非難するだろう」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中