大韓航空「ナッツ姫」逮捕、同社常務も

印刷

   大韓航空で2014年12月5日、搭乗員のナッツの出し方に怒った同社の趙顕娥(チョ・ヒョナ)前副社長が搭乗する飛行機を引き返させた問題で、韓国・ソウル西部地検は2014年12月30日、趙前副社長を航空保安法違反などの疑いで、また証拠隠滅などの疑いで同社常務をそれぞれ逮捕した。同地検は、趙前社長らが事件を組織的に隠蔽(いんぺい)しようとした、としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中