2018年 10月 17日 (水)

ピース又吉、異例の文壇デビュー 「文学界」に9万字以上の中編小説掲載

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さん(34)が2015年1月7日発売の文芸誌「文学界」2月号(文藝春秋)に中編小説を掲載し、純文学デビューを飾る。5日、各紙が報じた。

   報道によるとタイトルは「花火」で、400字詰め原稿用紙230枚に及ぶ。主人公の若手芸人「僕」の視点から師と仰ぐ先輩芸人の再起と挫折を描いた。

   芸能界きっての読書家として知られる又吉さんは12年4月にも「別冊文芸春秋」に自伝的短編小説「そろそろ帰ろうかな」を発表している。

   「文学界」は芥川賞作家を多く輩出してきた主要文芸誌の一つで、タレントの起用は極めて異例。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...