尾上松也のツイッターに「歌舞伎の面汚しが!!」 フジ「戦闘中」での行為が卑怯すぎるとネットで炎上中

印刷

   サバイバルゲームをするテレビ番組に出演した歌舞伎俳優の尾上松也さん(29)が、敵を騙し討ちにしたため「卑怯すぎる!」「歌舞伎役者の面汚し!」などと非難を浴びている。

   ボールのようなものを敵に当てれば勝利となるが、尾上さんはゲーム参加者に対し同盟を組み強い相手を破ろうと提案。仲間になった相手が気を許した瞬間に裏切り、ボールをぶつけ勝利したのだ。しかも、騙してボールをぶつけた相手が17歳の男性アイドルだったため、ネット上の怒りに油を注ぐ形になっている。

信じていいのか?の問いに「当たり前じゃあないですか」

   尾上さんが出演したのは2015年1月4日放送のフジテレビ系「戦闘中」で、2人1組の10チームが出場し、優勝賞金最大300万円を争った。東京ドーム2個分の広さのエリアでのサバイバルゲームで、ルールはサッカーボールくらいの大きさの特殊なボールを敵にぶつけることができれば勝利となり、敵の所持金とボール、防具などを奪うことができる。最後まで勝ち残った1チームが優勝となり賞金がもらえる。尾上さんと組んだのはモデルのマギーさん(22)だった。

   問題のシーンは90分の戦闘時間終了10分前くらいから始まる。この時、勝ち残りは3組に絞られ、その1組はボールも防具も豊富な最強の敵だった。尾上さんチームはタレントの千秋さん(44)とアニメ「妖怪ウォッチ」のテーマ曲で人気急上昇のアイドルグループ「Dream5」の高野洸さん(17) のチームに近付き同盟を申し出る。力を合わせなければ破れない相手が残っているからで、もし破ることが出来たら改めて尾上さんチームと千秋さんチームで優勝争いをしよう、という内容だった。

   千秋さんは「信じていいんですか?」と不安げに聞くと、尾上さんは「当たり前じゃあないですか」「こっちも信じていいんですか?」などと返していた。共闘作戦は、千秋さんチームがやろうとしていた物陰に隠れ相手を誘き出しボールをぶつけることに決まり、千秋さんチームが場所を案内しようと後ろを向いた瞬間、尾上さんが高野さんの背中にボールをぶつけ、騙し討ちに成功した。普通は勝負が決まった際には勝者と敗者がその場でエールを贈り合うが、高野さんは何が起こったのか分からず呆然と立ち、千秋さんも唖然としている状況下で、尾上さんは2人が持っていたボールを毟り取って去っていった。マギーさんが、

「プリンス(尾上さん)汚ったな~い」

と話しかけると、尾上さんは、

「いいんだ、いいんだ、勝ちゃいいんだから」

などと終始ニヤケた表情で勝利の味を噛みしめていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中