日中防衛当局、「海上連絡メカニズム」で2年半ぶり実務者協議

印刷

   日本と中国の防衛当局は2015年1月12日、海上や上空で不測の衝突を回避するための「海上連絡メカニズム」実施に向けた実務者協議を2年半ぶりに都内で開いた。14年11月に北京で日中首脳会談が実現したことを踏まえ、早期実施に向けて協議を続けることで一致した模様だ。

   海上連絡メカニズムをめぐる実務者協議は、12年9月に日本政府が沖縄県の尖閣諸島を国有化したことに中国が反発し、中断していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中