2018年 8月 21日 (火)

ユニクロ、中国の2工場で長時間労働などが発覚

印刷

   「ユニクロ」のファッション製品を生産する中国の縫製・素材工場で劣悪な労働環境があると、中国・香港のNGOが2015年1月11日に報告書の内容を発表した。これに対し、ユニクロを展開するファーストリテイリングはこの日、長時間労働などの事実関係を認めるコメントを公式サイト上で発表した。

   それによると、ファーストリテイリングでは、指摘された中国の取引先2工場で独自調査を行ったところ、長時間労働などいくつかの問題点について事実であることを確認した。一方で、一部事実と認められなかった点などがあるとして、継続調査を行うことも明らかにした。問題点については、2社に対して早急に是正するよう強く要請し、1か月以内に状況確認を行ったうえで、改善が認められない場合には、取引の見直しを含め厳正に対処するとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中