ユニクロ、中国の2工場で長時間労働などが発覚

印刷

   「ユニクロ」のファッション製品を生産する中国の縫製・素材工場で劣悪な労働環境があると、中国・香港のNGOが2015年1月11日に報告書の内容を発表した。これに対し、ユニクロを展開するファーストリテイリングはこの日、長時間労働などの事実関係を認めるコメントを公式サイト上で発表した。

   それによると、ファーストリテイリングでは、指摘された中国の取引先2工場で独自調査を行ったところ、長時間労働などいくつかの問題点について事実であることを確認した。一方で、一部事実と認められなかった点などがあるとして、継続調査を行うことも明らかにした。問題点については、2社に対して早急に是正するよう強く要請し、1か月以内に状況確認を行ったうえで、改善が認められない場合には、取引の見直しを含め厳正に対処するとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中