競泳・冨田選手、初公判でカメラ窃盗を否認

印刷

   韓国・仁川で開かれていたアジア大会で一眼レフカメラを盗んだとして、競泳の冨田尚弥選手(25)が略式起訴された問題で、初公判が2015年1月12日、仁川地裁で開かれた。冨田被告は「カメラを盗んだ事実はない」と起訴内容を否認し、全面的に争う姿勢を示した。

   冨田被告側は、カメラは何者かに無理やりかばんに入れられたと主張。一方の検察側は、犯行時の防犯カメラの映像を鮮明にして次回公判で示す考えを明らかにしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中