石川佳純選手、54大会ぶり3冠 女子では史上2人目

印刷

   卓球の全日本選手権の男女シングルス決勝が2015年1月18日、東京体育館であり、女子は石川佳純選手(全農)が、森薗美咲選手(日立化成)を4-1で破り2年連続3度目の優勝を果たした。石川選手は混合ダブルス、女子ダブルスでもすでに優勝しており、3冠を達成した。女子の全日本3冠は、1960年度の山泉和子選手以来、54大会ぶり史上2人目。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中