2018年 8月 19日 (日)

2014年の百貨店売上高、0.3%増 外国人客が底上げ、地方店は回復遅れ

印刷

   2014年の全国百貨店の売上高は6兆2124億円で、前年比0.3%増(既存店ベース)となり、微増ながら3年連続でプラスを確保した。日本百貨店協会が2015年1月19日に発表した。ただ、全店ベースの売上高は0.1%減と、2年ぶりに減少した。

   4月の消費税率の引き上げ後は苦戦が続くが、増税前の駆け込み需要に加えて、前年比1.9倍に増えた訪日外国人向けの免税売り上げが底上げした。

   東京や大阪、名古屋など主要10都市での売り上げが1.5%増となる一方で、それ以外の地区は2.1%減と地方の回復遅れが鮮明だった。大都市部を訪れる外国人客が百貨店の売り上げを支えているといってよい。

   月別では、3月が増税前の駆け込み需要で前年同月比25.4%増と大幅に伸びたが、その反動で4月以降は9か月連続で前年割れしている。半面、免税売り上げは12月まで23か月連続プラス。12月は2.8倍の127億円と、統計を取り始めた09年1月以降、単月で初めて100億円を超えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中