2018年 10月 23日 (火)

マクドナルド不振、世界に広がる 米では21%減益

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   異物混入騒動で消費者の批判を浴びた日本マクドナルド。2015年1月9日に発表した2014年12月の既存店売上高は、前年同月比21.2%減と大幅に落ち込んだ。前月よりマイナス幅が拡大し、苦戦が続いている。

   状況が厳しいのは米マクドナルドも同じだ。1月23日に発表した2014年10~12月期決算によると、純利益は前年同期比21%減の11億ドル(約1295億円)、売上高も同7%減と沈んだ。

   1月25日付の朝日新聞朝刊によると、2014年の「世界の既存店売上高」は前年比1%減で、12年ぶりのマイナスになった。日本と中国では、鶏肉の期限切れ問題が尾を引いているという。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...