2019年 9月 22日 (日)

日本では湯川さんの殺人を単に「殺害」 英字メディアでは「頭部切断」と残虐さに踏み込むところも

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   イスラム国に拘束されていた湯川遥菜さん(42)が殺害されたとみられる写真が公開されたことを受け、世界各国の首脳が続々と非難声明を発表している。日本政府は、殺害を「言語道断の許しがたい暴挙」と表現しているのに対して、欧米首脳は「残酷な殺害」「蛮行」と、さらに表現が強い。

   この背景には、日本では湯川さんの「処刑」を単に「殺害」と表現するケースが大半なのに対して、英字メディアでは「頭部切断(beheading)」などと殺害の残虐さに踏み込んだ表現をしていることがあるとみられる。

日本政府の表現は「言語道断の許しがたい暴挙」

ユーチューブで公開された後藤健二さんの写真。湯川遥菜さんの写真が印刷されたパネルを持っている(画像を一部修整しています)
ユーチューブで公開された後藤健二さんの写真。湯川遥菜さんの写真が印刷されたパネルを持っている(画像を一部修整しています)

   拘束されている後藤健二さん(47)が、湯川さんが写った写真を持つ動画の存在が明らかになったのは、2015年1月24日の23時頃だ。菅義偉官房長官が直後の1月25日未明に開いた会見では、動画のことを、

「邦人1名が殺害された写真を持つ後藤健二氏の写真が、インターネット上で配信された。このような行為は、言語道断の許しがたい暴挙」

と表現した。直後に発表された安倍首相の談話でも、「殺害」は「言語道断の許しがたい暴挙」だという点は同じだ。

「湯川遥菜さんが殺害されたと見られる写真が、インターネット上に配信されました。御家族の御心痛は、察するに余りあり、言葉もありません。このようなテロ行為は言語道断の許しがたい暴挙であり、強い憤りを覚えます」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中