2018年 10月 17日 (水)

2014年の有効求人倍率、23年ぶり高水準の1.09倍 失業率も改善

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   厚生労働省が2015年1月30日に発表した14年の有効求人倍率(平均)は、前年比で0.16ポイント上昇し、1.09倍となった。バブル経済末期の1991年の1.40以来、23年ぶりの高水準で、1.0倍を上回ったのは2007年の1.04以来7年ぶり。

   また、14年12月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月比0.03ポイント上昇の1.15倍と大幅に改善。3か月連続で上昇した。14年の有効求人倍率はすべての月で1倍を超えた。

   一方、総務省が同日発表した労働力調査によると、2014年の完全失業率(平均)は前年比0.4ポイント低下の3.6%に改善した。

   また、14年12月の完全失業率(季節調整値)は、前月比0.1ポイント低下の3.4%で、2か月ぶりに改善した。男性の完全失業率は3.6%で、前月より0.2ポイント改善。女性は3.2%で、前月より0.1ポイント悪化した。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...