中山外務副大臣「こう着状態という形に」 人質事件、「期限」から1日以上経過

印刷

   過激派組織「イスラム国」(ISIL)の人質事件について、中山泰秀・外務副大臣は2015年1月31日早朝(日本時間)、「こう着状態という形になっている」と述べた。現地対策本部があるヨルダンで、テレビカメラを前に報道陣の取材に答えた。

   拘束されているフリージャーナリスト後藤健二さんと、ヨルダンで収監中のサジダ・リシャウィ死刑囚の交換期限として「イスラム国」が指定した時間帯から、1日以上が経過している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中