2018年 7月 23日 (月)

競泳・冨田選手裁判で通訳欠席 韓国語の和訳ほとんどなく

印刷

   2014年9月に韓国・仁川で行われたアジア大会で、韓国メディアのカメラを盗んだとして略式起訴され、後に無実だと主張した競泳の冨田尚弥選手(25)の公判が2015年2月2日、仁川地裁で開かれた。

   この日、法廷通訳が日程を間違えて欠席。韓国人の弁護人が代わりに通訳を務めることに同意して審理が進められたが、内容が日本語で説明されることはほとんどなかったと複数のメディアが報じている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中