2018年 7月 23日 (月)

おりに閉じ込め、外から火をつける ヨルダン人パイロットの非道「焼殺」動画

印刷

   過激派組織「イスラム国」は2015年2月4日未明(日本時間)、拘束していたヨルダン空軍のパイロット、ムアズ・カサスベ氏を焼き殺したとする動画をネット上に公開した。

   これまでイスラム国は、人質を殺害する際は頭部を切断する方法をとってきたが、人質を焼き殺すのは初めてだとみられる。

   公開された動画の長さは約22分で、画面の左上にはイスラム国の広報部門「フルカーン」のロゴが入っている。

イスラム教では火葬は禁忌だとみなされる

公開された動画。カサスベ氏とみられる男性がおりに閉じ込められている
公開された動画。カサスベ氏とみられる男性がおりに閉じ込められている

   実際の殺害シーンは約2分30秒にわたって収録されている。オレンジ色の服を着て、おりに閉じ込められているカサスベ氏に対して、覆面姿の兵士が外からたいまつを使って着火。火は全身に燃え広がり、その後ブルドーザーのような車両がおりの上から土をかぶせ、おりごと踏み潰した。

   ヨルダン国民の大半がイスラム教徒で、イスラム教では火葬は禁忌だとみなされることが多いとされる。こういった殺害方法をとることで、残虐さを強調する狙いがあるとみられる。

交渉中にすでにカサスベ氏は殺害?

   ヨルダンのアブドラ国王は、カサスベ氏の解放を「最優先事項」だと位置付けており、ヨルダン政府はリシャウィ死刑囚との「捕虜交換」を模索しているとの見方もあった。

   ヨルダン国営テレビによると、カサスベ氏は1月3日に殺害されたことを確認したとしており、交渉中にはすでにカサスベ氏は殺害されていたことになる。

   ヨルダン政府は、まもなくリシャウィ死刑囚の死刑を執行する見通しだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中