岡田斗司夫氏が自身の支援組織「FREEex」代表を退任

印刷

   評論家の岡田斗司夫氏(56)は2015年2月4日、自身を支援する組織「FREEex(フリックス)」の代表退任をブログで発表した。

   FREEexは会員が月間1万円ほどの参加費を支払い、スタッフとして岡田氏の出版や講演事業をサポートする仕組み。2代目代表には「教え人のシゲル」という人物が2月1日付で就任したという。同氏は「これからFREEexの代表として、岡田斗司夫コンテンツの研究と普及をめざしてがんばっていきたいと思います」としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中