2018年 8月 15日 (水)

日本のインフル治療薬、「エボラ熱治療に有望」 仏研究所

印刷

   富士フイルム傘下の富山化学工業が開発したインフルエンザ治療薬「アビガン」がエボラ出血熱に対する臨床試験(治験)で、治験を行っているフランス国立保健医療研究所から「有望な結果が出てきている」と富士フイルム側に連絡があった。日経新聞などが2015年2月6日に報じた。

   臨床試験は西アフリカのギニア政府と共同で行われ、死亡が減り、治癒が増えるといった効果が出ているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中