2021年 7月 30日 (金)

水泳・冨田選手の「防犯カメラ映像」が「流出」 決定的な場面ないが疑い晴れたわけではなく...

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   2014年9月の仁川アジア大会中に韓国人記者のカメラを盗んだとして略式起訴された競泳の冨田尚弥選手(25)について、検察側が証拠として示していた「防犯カメラ映像」の一部がフジテレビ系のテレビ番組で紹介され、話題になっている。

   肝心の「盗った」とされる部分は映っておらず映像自体も不鮮明で冨田選手が犯人とは断定できない。だが一方で、冨田選手の主張していた「アジア系の男性」の姿も確認できなかった。

上半身倒した後、手でゴソゴソ...

   2015年2月2日の第2回公判では「証拠」とされる防犯カメラの映像が公開される予定だったが、冨田選手側が証拠採用に同意せず、公開は見送られた。検察側が用意した映像は一部が編集されていたほか、モニターに映し出した映像を別のカメラで撮り直した不鮮明なものだったためだ。これを受け、冨田選手側は第3回公判(4月9日)までに映像の「原本(オリジナル)」を出すよう求めている。

   そうした中、この「お蔵入り」となった映像を「独自入手」したというフジテレビ系の情報番組「とくダネ!」と「FNN東海テレビスーパーニュース」が4日の放送内で紹介した。

   映像は事件当日に複数の防犯カメラによって撮影された映像を繋ぎ合わせたものだ。最初の映像は、サブプールからメーンプールにつながる通路を映したもの。胸に日の丸マークのついた赤いTシャツに白い半ズボン、青い手さげバッグを持った短髪男性の歩く姿をとらえていた。

   続く映像はメーンプール会場を斜めから映すアングルで、赤っぽいTシャツに白っぽい半ズボン姿の人物がプールサイドを歩く様子や、記者席付近にやってきて持っていたバッグを記者席に置くような様子を映していた。

   次に紹介されたのが肝心の「犯行現場」となった記者席をとらえた映像だ。記者席に座る人物は、なぜか上半身を後ろに倒す。その後、起き上がって横を向きごそごそと手を動かすと、立ち上がって歩き始めた。後ろを向いた際に何をしていたのかは分からず、決定的瞬間はおさめられていない。

   その後の別の角度からプールサイドを映した映像には、選手とみられる白い半ズボン姿の2人組が合流して歩く姿があった。最後の会場外側を撮った映像は2人組がプールから出てきたところをとらえている。左側の人物は手さげバッグを一瞬持ち上げる仕草を取っていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中