2020年 1月 29日 (水)

NHK「移転」で渋谷に激震? どうなる「村ごと移動」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   日本放送協会(NHK)の本部にあたる、老朽化で建て替えを検討している東京・渋谷区神南の「NHK放送センター」の移転候補地に、現在地から1キロメートルほど離れた「神宮前」があがっている。

   青山学院大学(青山キャンパス)の向かい側にある国連大学本部ビルの裏手にあたり、現在は総合住宅展示場「TBSハウジング渋谷 東京ホームズコレクション」が使用。2008年までは青山病院があった約1万7000平方メートルの敷地だ。

放送センター周辺は「NHK村」といっていいほど

NHK放送センターの移転候補地に「神宮前」が浮上・・・
NHK放送センターの移転候補地に「神宮前」が浮上・・・

   候補地の「神宮前」の土地について、管理する東京都財務局財産運用部は「(旧青山病院の跡地は)現在、住宅展示場になっていますが、その後は『都市再生ステップアップ事業』として、再開発を考えている土地になります」と説明。「検討していることはいろいろありますが、現時点では何も決まっていません」と話している。

   現在、住宅展示場のある一帯はJR渋谷駅と東京メトロ・表参道駅の中間地点で、近くには国連大学や青山ブックセンター、おしゃれなレストランやショップが立ち並んでいる。にぎやかな街だが、国道246号線(青山通り)から裏手に入っていくと、落ち着いた雰囲気のある店が少なくない。

   一方、現在のNHK放送センター(渋谷区神南)の周辺は、渋谷駅から放送センターに向かう、センター街や公園通りには若者などでにぎわうカフェや飲食店、カジュアルウェアやCDなどのショップにライブハウスなどが林立。若者文化の発信地であり、渋谷公会堂やNHKホールではコンサートや番組の公開収録などが楽しめる。

   放送センターは代々木公園や原宿・表参道に抜ける「通り道」にあるため、学生らのデートコースにもなっている。

   当の放送センターは代々木公園の南側にあり、敷地面積はじつに約8万2000平方メートルもある。かつての米軍居住区「ワシントンハイツ」の一部で、1964年に日本に返還された後、東京五輪の選手村や代々木競技場などとともに建設された東京五輪の放送センターが前身だ。

   そこに、本部機能を担う地上23階建ての本館や、番組収録用のスタジオがある東館、報道部門が入る北館など4つのビルとNHKホールなどが建ち、さらに周辺エリアにはNHKエンタープライズやNHKグローバルメディアサービス、NHK出版などの子会社が多数点在。この一帯は「NHK村」といってもいいほどで、多くの人が働いている。

   放送センターの移転について、地元商店街の関係者は「まだ具体的な話を聞いていませんし、(商店街としても対策などは)検討していません」というが、影響は小さくないとみられる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中