オバマ大統領、武力行使認める決議案を議会に提出

印刷

   バラク・オバマ米大統領は2015年2月11日、「イスラム国」に対する武力行使を認める決議案を議会に提出した。これまで行ってきた空爆などの武力行使について、議会での正式な承認を求める。

   決議案は「アフガニスタンやイラクのような地上戦の承認を求めない」とし、3年間の期間を設けている。しかし、「予期しない状況に直面した場合は柔軟な対応を求める」とし、地上戦部隊の投入に含みを持たせた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中