2018年 9月 22日 (土)

ANA 、JALが燃油サーチャージ引き下げ 北米、欧州路線で往復2万1000円

印刷

   全日空(ANA)は2015年2月10日、燃油価格の下落にともなって4~6月に発券する分の燃油サーチャージを引き下げると発表した。日本発で往復2万8000円だった北米、欧州路線が2万1000円に、往復1万3000円だった。タイ、シンガポール、マレーシア、ミャンマー路線が9000円にそれぞれ引き下げられる。

   あわせて、これまでは米ドルをもとに設定していたサーチャージの設定基準(テーブル)を15年度から日本円基準に変更する。

   日本航空(JAL)も2月6日、同様のサーチャージ引き下げを発表している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中