2018年 7月 18日 (水)

菅官房長官、サンゴ破壊問題で翁長知事に反論「勝手にやっている訳じゃない」

印刷
会見する菅義偉官房長官
会見する菅義偉官房長官

   米軍普天間飛行場の辺野古沖移転をめぐり、沖縄防衛局が設置したコンクリートブロックがサンゴを傷つけている問題で、沖縄県の翁長雄志知事は2015年2月13日の定例会見で、県が岩礁破砕を許可した区域の外にコンクリートブロックが設置された可能性があるとして「すでに出した許可の一時停止を含めて検討するように指示した」と述べた。

   これに対して菅義偉官房長官は同日午後の会見で、

「このコンクリートブロックの設置については、沖縄県知事が定める『沖縄県漁業調整規則』等を踏まえ、同県との調整を得て、適切に工事に入っている」
「沖縄県から許可を受けているわけですから。それに従って淡々とやっている。勝手にやっている訳じゃない」

などと反論し、現時点では両者の主張は平行線だ。

   菅氏は、移設計画への影響については、

「まったくない」

とした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中