2021年 7月 31日 (土)

10代が本買うのは「ネットより書店」の意外 「理由はコレだ!」とネットは百家争鳴状態

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   10代はネットより街の書店で本を購入する――。こんな実態が、日本通信販売協会(JADMA)が実施したアンケートで分かると、ちょっとした驚きが広がった。

   ネットになじみがある10代が、どうして書店を重視するのか。調査結果をめぐって、ネットでは議論が盛り上がっている。

10代はクレジットカード持ってないから?

10代は書店利用率が高い(画像はイメージ)
10代は書店利用率が高い(画像はイメージ)

   アンケートは2014年9月、全国の10~60代の男女1000人を対象にネットで行った。過去1年間の書籍購入先を質問すると(複数回答可)、10代では書店が82.7%と高く、電子書籍を除くネット通販は36%にとどまった。

   ネット通販の利用率が高かったのは40代(57.7%)、50代(52.7%)の順で、この両年代は、ほかの年代に比べて書店の利用率は低かった。

   JADMA担当者はこの調査結果を「予想外」だとし、「若い世代の方がネットに親しんでいるため、通販をもっと利用しているかと思っていた。書店で実際に手に取ってみることを重視しているようだ」という。

   アンケートの結果を意外に思った人は多く、ネットではその理由を考える議論が盛んに行われている。中でも有力なのは決済方法の違いだ。

「クレジットカード持ってないからリアル書店で購入するのでしょ」
「10代でクレジットカード持ってる人はまだ少ないだろ。代引きじゃ高いし、コンビニ受け取りは一般的でない」

といった意見が、ツイッターでは目立つ。ネット通販ではクレジットカードの決済が一般的なたため、カードを持っている人が少ない10代は書店で購入せざるをえない、という理屈だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中