タカタに1日あたり166万円の罰金 米運輸当局、「調査に非協力的」

印刷

   自動車部品大手タカタの欠陥エアバッグをめぐる問題で、米運輸当局は2015年2月20日、同社に対して1日あたり1万4000ドル(約166万円)の罰金を科すと発表した。タカタが原因調査に協力的ではなかったことが理由。

   発表によると、運輸省道路交通安全局(NHTSA)は2014年、原因調査の一環として、タカタに関連文書などの提出を命じたが、タカタの協力は「受け入れがたく、容認するわけにはいかない」と判断した。

   タカタの非協力的な対応が続けば、1日ごとに新たに罰金を科すとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中