2018年 11月 14日 (水)

メキシコ料理、タコベルが日本再上陸 店舗は「牛角」のアスラポート・ダイニングが運営?

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   焼肉チェーン「牛角」などを運営するアスラポート・ダイニング(東京都港区)が、米大手ファストフードチェーン「Taco Bell(タコベル)」の日本再上陸に関わる可能性が出てきた。

   JPドメインを管理する日本レジストリサービス(東京都千代田区)のドメイン検索サービス「WHOIS」によると、「tacobell.co.jp」のドメインが「株式会社アスラポート・ダイニング」の名義で2015年2月3日に登録されている。「co.jp」ドメインは、登録するにあたり日本国内での法人登記が必要で、法人登記前の仮登録でも6か月以内に組織を設立しなければならない取り決めだ。噂されているタコベル日本再上陸はますます現実味を帯びてきた。

日本には一度上陸したものの撤退

「牛角」運営のノウハウを生かす?(画像はイメージ)
「牛角」運営のノウハウを生かす?(画像はイメージ)

   タコベルはタコスやブリトーなどのメキシコ料理を提供するファストフードチェーンで、現在、海外26か国に250店舗を運営している。

   日本には1980年代に一度「上陸」。東京や大阪、名古屋などに店舗を構えたものの、その後撤退した。

   タコベルの日本再上陸は2014年12月4日、全米レストラン業界(NRA)の業界誌「Nation's Restaurant News(ネーションズレストランニュース)」電子版で報じられ、15年1月ごろから日本でも話題となり始めた。ネーションズレストランニュースの当該記事によると、親会社の「Yum! Brands(ヤム・ブランズ)」が14年12月2日、2022年までにイギリス、ポーランド、インド、日本、韓国、チリなどへ店舗を展開すると発表したという。具体的な時期や場所、運営主体などは明かされていない。

   これがネットニュースなどで報じられると、「早く行きたい!!」「マジかよ!!大阪きてブリトー売って」など、期待の声が続々上がった。

   一方のアスラポート・ダイニングは、「牛角」を筆頭に居酒屋チェーン「とりでん」「浪花屋鳥造」などを運営している。

   同社は取材に対し、「コメントは差し控えさせて頂きます」と答えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

20181031_kaidan2.png
【プレゼント企画実施中】秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中