2018年 9月 20日 (木)

地下鉄サリン事件まもなく20年 被害者7割以上が現在も目に異常

印刷

   オウム真理教が1995年3月20日に起こした地下鉄サリン事件で、被害者のうち今も7割以上の人が目に異常を感じることがあるという。被害者支援団体が2015年2月24日、アンケート調査の結果を発表した。

   被害者は体調面で「目が疲れやすい」(76%)、「目のかすみ」(71%)、「疲れやすい」(63%)などと回答。また、被害者本人の29%、遺族や家族の59%に心的外傷後ストレス障害(PTSD)の可能性がある症状があったという。

   アンケート調査はオウム真理教犯罪被害者支援機構が、連絡先が分かる被害者や家族953人に調査用紙を送り、317人が回答した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中