2018年 8月 20日 (月)

プリマハム、異物混入でフライドチキン約6万個を自主回収

印刷

   プリマハムは2015年2月28日、フライドチキン商品の一部にビニール製のチューブ片が混入した恐れがあるとして、「スパイシースティック 260g」と「StyleONE骨なしフライドチキン 120g」の約6万2000個を対象に自主回収すると発表した。

   同社広報部によると、消費者から異物が入っているとの指摘を受け、2月27日に現物を確認した。調査の結果、製造工場内の呼び出しブザーに付けたヒモのカバーがなくなっており、同社ではこれが混入したとみている。

   回収対象となるのは、スパイシースティックのうち保存方法が4度以下で賞味期限が4月1日~4日までの商品と、保存方法が10度以下で賞味期限が3月17日~20日の商品。フライドチキンのうち賞味期限が3月28日、29日の商品。

   該当商品を送付した消費者には、商品代金相当のクオカードを後日送る。問い合わせは同社お客様相談室0120-486-086へ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中