2019年 2月 22日 (金)

ノンアルコール飲料に初のトクホ食品登場 消費者庁の「不適切」答申覆す

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   サッポロビールと花王のビール風味のノンアルコール飲料2種類が特定保健用食品(トクホ)に認められた。消費者庁が両社から出ていたトクホ申請を許可したためで、ノンアル飲料で初トクホとなった。

   トクホというのは、体によい特定の成分を含み、健康の維持や増進に役立つことを表示できる食品。特定の効果が科学的に証明されている必要があり、許可されれば、例えば、ラベルやパッケージに「お腹の調子を整える」「コレステロールを低下させる」「血圧が高めの方に」「血糖値が気になる方へ」といった表示が可能になる。

「未成年者飲酒の可能性が上がる」として不適切だと答申

ノンアルコール飲料で初のトクホ(画像はイメージ)
ノンアルコール飲料で初のトクホ(画像はイメージ)

   1991年の導入からお茶やガム、ヨーグルト、チョコレートなど約1140品目が許可され、最近ではキリンビバレッジの「メッツコーラ」が初トクホのコーラ系飲料として大ヒットした。

   今回許可されたのは、サッポロビールの「サッポロプラス」と花王の「へルシアモルトスタイル」。いずれも食品の種類としてはビール風味の清涼飲料水だ。ラベルなどに表示できる内容は、サッポロビールが「食物繊維(難消化性デキストリン)の働きにより、糖の吸収をおだやかにするので、食後の血糖値が気になる方に適しています」、花王は「本品は茶カテキンを豊富に含んでおり、エネルギーとして脂肪を消費しやすくするので、体脂肪が気になる方に適しています」というもの。いずれも未発売で、花王は商品化については未定、サッポロビールは近く商品発表会を開く予定だという。

   この2種類をめぐっては、消費者庁の諮問を受けた内閣府の消費者委員会が昨2014年8月、健康に役立つというイメージにひかれて「未成年者飲酒の可能性が上がる」としてトクホには不適切だと答申した経緯がある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中